SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯を乗り換えた人のうち、「出戻りユーザー」も7.8%

 ブランド総合研究所は、2007年6月から11月までの半年間に携帯電話を「乗り換えた」ユーザー1,714人に満足度などをたずねる調査を実施した。

 発表された資料によると、この半年間に乗り換えたユーザーが利用しているキャリアは、「au」45.9%、「ソフトバンク」38.5%、「NTTドコモ」15.6%。乗り換え前の比率は「NTTドコモ」44.5%、「au」19.0%、「ソフトバンク」21.3%であったことから、NTTドコモのシェアが大きく低下していることがわかる(いずれも、PHSやIP電話などへの乗り換えは含まない)。また、はじめて乗り換えた人は76.8%で、再乗り換えが22.8%となっており、以前に契約した携帯電話会社に戻っている「出戻りユーザー」も7.8%いることがわかった。

 実際に乗り換えによって毎月の使用料金が安くなったかについては、56.4%が「安くなった」と答えた一方、「高くなった」と答えた人も18.7%。どのくらい料金がさがったかをたずねたところ、回答者平均で約1,000円ダウン。値下げ幅が最も大きかったのは、ソフトバンクの1,822円だった。このためか、乗り換えた人の満足度で最も高い評価を得たのは、ソフトバンクだった。

 このようにユーザーから好評を得ている料金引き下げだが、まだまだ料金体系が複雑で理解しにくいと感じたり、手続きがめんどうだと感じる人も多いようだ。2008年は、さらに「わかりやすい料金体系」の提供に力を入れてほしいものだ。

【関連リンク】
プレスリリース:「携帯乗り換え満足度、ソフトバンクが1位に」
「MNPショック再び、NTTドコモが契約数で2度目のマイナスに―グラフで検証するキャリア戦国時代」
「ドコモ、携帯電話の契約数(純増数)でソフトバンクとKDDIに惨敗」
「「87%が大きな画像を支持」 ユーザビリティ調査モバイルECサイト編」
「5ヶ月で7000万人が使った携帯サイト『顔ちぇき!』の今後の戦略」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング