SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Shufoo!」ユーザーは元日0時から、電子チラシで初売り・福袋情報を確認する【凸版印刷調査】

 凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、2015年~2016年の年末年始のアクセス動向を分析するとともに、「Shufoo!」ユーザー34,439名に対してアンケートを実施。その内容をレポートした。

 年末年始期(2015年12月30日~2016年1日5日)の「Shufoo!」のチラシカテゴリー別のアクセス動向を確認したところ、1年間で最も多くのチラシが閲覧される日である1月1日には、0時台にチラシの閲覧数が急伸し、通常期の0時台の約6倍となった。

 「Shufoo!」ユーザーに対して、このタイミングでチラシを見る理由を聞いたところ、「新聞が来る前に福袋や初売り情報をゲットしたかったから」、「福袋情報が早く見たかったから」などの回答があり、朝刊を待てない人々をはじめ初売り・福袋情報をいち早く入手したい人々が、元日を迎えると同時に、チラシをチェックする傾向があることが分かった。

 年末年始期に閲覧されたチラシのカテゴリーを確認したところ、「スーパー」のチラシ閲覧数が通常期(2015年11月1日~30日)と比べて2.0倍に増加。一方で、「家電店」のチラシ閲覧数は通常期の11.1倍、「スポーツ用品・自転車」は17.8倍に増加した。

 「Shufoo!」ユーザーにその理由を聞いたところ、「家電店」については「欲しいと思っている家電が安く売られているか知りたかったから」、「スポーツ用品・自転車」については「福袋が買いたかったから」、「福袋の中身を知りたかったから」という回答があり、この時期には、家電やスポーツ用品など嗜好性が強い商品を、初売り価格や福袋でお得に購入したいと考えているユーザーが多い傾向が明らかになった。

 また今回の年末年始期の「Shufoo!」のチラシ閲覧数は過去最高を記録。前回と比べ1.2倍にアップし、来訪したユーザー数も1.3倍にアップており、「電子チラシ」市場の拡大が見られている。

【関連記事】
企業からの情報収集ツール「LINE」が1位/約8割がLINEきっかけに行動【ジャストシステム調査】
VOD・SVODの利用時間は昨年の5倍超/SVODの複数利用層は5%に留まる【ニールセン調査】
LINE社、アプリ世界収益ランキング1位に/2015年は配車アプリなど躍進【App Annie調査】
悩みながらも「0歳からスマホ」70%超/視力への不安持つ親も【NHKエデュケーショナル調査】
Instagramの認知率、7割強に/10代の接触頻度高いのは「スマホ広告」【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/16 09:30 https://markezine.jp/article/detail/23926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング