MarkeZine(マーケジン)

記事種別

YKK AP× PARTY、光や風を操る「未来窓」のコンセプトモデル「M.W.」開発

2016/04/07 09:30

 YKK APは、未来の窓を考えてカタチにするプロジェクト「未来窓」をスタートし、第1弾としてクリエイティブラボ PARTYとともにコンセプトモデル「M.W.(MODULE WINDOW:ムー)」を開発した。2016年夏から特設ギャラリーにて一般展示も開始される。

 「MODULE WINDOW」には“部品としての窓”という意味が込められており、別々の機能を持った窓を、複数組み合わせて使うことで、ライフスタイルに合わせて変化できるような、未来の生活を提案する。

 YKK AP 体感ショールーム内では、「M.W.」の実機エリアと体感型エリアによって構成されたコンセプト・ギャラリーが展示される。実機エリアでは、天気や花粉、テレビなど様々なコンテンツを映す「映しの窓」、光を自由にコントロールできる「光の窓」、換気や温度などを自動または遠隔で調整できる「空気の窓」に触れられる。

「映しの窓」
「映しの窓」

 体感型エリアでは、ミニチュアの家模型に「光の窓」「空気の窓」「映しの窓」の3種類のなかから好きな窓をはめ込むことで、壁面にプロジェクションが投影され、あたかもその家模型の中にいるかのような体験ができる。

【関連記事】
LIXIL、住まいのIoT実現を目指し「LIXIL IoT Houseプロジェクト」を開始
サンスターのデジタルデバイス 「G・U・M PLAY」、ティザーサイトとムービーを公開
博報堂、ぬいぐるみを おしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」を開発
TBWA HAKUHODO QUANTUMとグッドパッチ、 IoT 事業開発支援プログラムを開始
日本IBMがWatson IoT事業部を新設、三菱電機やソフトバンク等と協業へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5