SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「好きな料理といえば日本料理」が8割超【好きな食のジャンル調査】

 マイボイスコムは好きな料理のジャンルについての調査を行い、10~50代の男女14,354名から得た調査結果を発表した。

 「あなたが思い浮かべる「好きな料理のジャンル」は?」という質問に対しては、「日本料理」86.1%、「中華料理」67.5%、「イタリア料理」65.4%がトップ3となり、4位以下の「フランス料理」「韓国料理」などを大きく引き離している。さらに「最も好きな料理のジャンル」においても「日本料理」が57.1%と圧倒的な強さを見せ、「イタリア料理」16.6%、「中華料理」12.4%と続いている。

 「今後食べたいと思うジャンル」については、「日本料理」が27.1%でトップで、以下「イタリア料理」13.1%、「フランス料理」と「韓国料理」がともに8.2%。日本料理を支持する人からは、「カロリーもそれほど高くなく、健康的なメニューだから」、「やっぱり日本人だから。最後にいちばんおいしいと思えるのは、やっぱり和食」などの意見が上がっている。また、「世界3大料理でありながら食べたことがないから」という理由で「トルコ料理」を食べたいという意欲的な人もいれば、「高齢化と共に食べる量も少なくなり、粗食の方が健康的だと思う様に成ったので、食べたい料理も特になく成っている」という自重派も。

 こうした食に対する興味が広がるなか、「あなたは、自分が「グルメ」だと思いますか」という質問に対しては、「非常にそう思う」が3.9%、「どちらかといえばそう思う」32.6%で、「まったくそう思わない」という人は12.5%だった。好きな料理をどのようなシチュエーションで食べているかについては、「家で自分や家族が作ったものを食べることが多い」が58.3%となり、次いで「外食することが多い」、「出前、お惣菜、お弁当を買って家で食べることが多い」となっている。

 こうして見ると、支持されている「日本料理」とは、外で食べる専門店の料理ではなく、自宅で家族と食べるごはんが、日本人にとってのおいしくて食べたい「日本料理」と言えそうだ。

【関連リンク】
「ミシュランガイド東京 2008」、アマゾンの予約ランキング1位に
ホラーなアイス顔を作る美女!「アイスに顔を作り隊」管理人、鈴木恵子さんにマジ惚れ♪
ぐるなび、アスクルと連携し、加盟飲食店向け新サービスを開始
動画投稿サイト「ワッチミー!TV」で「B級ご当地グルメグランプリ」スタート!
ド根性主婦しのっちが超人気ネットショップを生むために使った7つの秘策(前編)
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング