SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、ハイブリッドプランニングに対応する統合メディアプランニング支援システム提供へ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、枠売り広告+運用型広告のハイブリッドメディアプランニングを支援する統合プラットフォーム「XmediaOne」を開発した。

 同社のメディアプランニング支援システム「AD-Visor NEXT」が持つ約2,000サイト/15,000メニューのメディアデータベースを基に、配信データ/オーディエンスデータと連動したダッシュボード機能等を追加した統合メディアプランニングシステムとして、今夏より、下記の主な機能を順次提供していく。

 従来の広告枠取引に加え、運用型広告の拡大に伴い、オーディエンスデータの重要性がより高まっている。また、広告フォーマットが複雑化することで、広告効果指標も多様化している。このため、企業のデジタルマーケティングにおいては、広告のパフォーマンスをリアルタイムに捕捉し、枠売り広告と運用型広告の予算配分の最適化とPDCAサイクルを効率よく回していくことが必須となる。

 そこでDACは「AD-Visor NEXT」を進化させ、「XmediaOne」を開発した。同社では同プラットフォームを、デジタルマーケティングのハブとして位置づけている。

【関連記事】
コーセー、通販ブランド「米肌」の統合マーケティングオートメーションを推進
電通、マスとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォームを開発
Adobe、モバイルアプリ構築、管理、分析などを統合したソリューションを発表
DAC、Facebook Messenger上でのOne to Oneコミュニケーションを実現
博報堂DYMPとDAC、購買アクチュアルデータ活用した高精度広告配信ソリューション提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/26 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24471

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング