SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitter、プロモツイートのカルーセル形式のテストを開始

 Twitterは、プロモツイートで複数のツイートを掲載できる新しい広告ユニット「プロモツイートのカルーセル形式」のテストを開始した。同形式は、広告主のアカウントのツイートや利用者のレビューツイート等を一つの広告ユニットとして掲載できるもの。

 これにより、一つの広告ユニットに複数のツイートを掲載し、ブランドや商品に関する一貫性のあるストーリーを訴求できる。既にディズニーは同形式を新しい映画「ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(THE BFG)」のプロモーションに活用。映画に登場する巨人たちが使う特徴的な言葉(Gobblefunk)を広めるため、映画の公式アカウントとこの言葉に関連するTwitter上の会話を組み合わせたモツイートを行った。

 なお、プロモツイートのカルーセル形式は目的別課金モデルの「ツイートのエンゲージメント」で利用可能。これにより、利用者が最初に広告ユニットにエンゲージした分のみが課金される。また、今後数か月で、その他の目的への対応をする予定です。

【関連記事】
Twitterが「140文字の数え方」を変更、添付ツイートなどで入力可能な文字数が増加
Twitter、オーディエンスプラットフォームを活用してパフォーマンスキャンペーンのリーチを拡大
Facebook、広告主のモバイルシフトをサポートする4つの新機能を発表
インスタグラム、広告配信の規模拡大~サイト誘導やアプリインストールの促進可能に
Twitter利用者率が高いアプリ、ゲームは「ラブライブ」、買い物は「ミンネ」【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/07 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24530

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング