SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NEC、動画内の「登場人物の顔」を自動検出して一覧を作成する技術を開発

 この技術は、NEC独自のクラスタリング手法を使うことで高精度に登場人物の顔検出を実現する。主要人物の向きや表情、照明状況などがさまざまであっても、重複や漏れを抑えて一覧表示することが可能となる。

 技術的には、「映像が切り替わるまでの間登場している人物は、同一人物であることが多い」という傾向を利用し、各シーンごとに人物の表情や照明下での映像など、さまざまなバリエーションを蓄積する。次に、各シーンごとに正面向きの表情だけを抜き出し、蓄積したバリエーション群の中から類似した顔がないかを調べ、同じものがあった場合、同一人物として認識していく。

顔技術を利用した例 (NECプレスリリースより)

 NECによれば、映像一覧で5名分の顔表示を行った場合で、登場人物の検出率が約80%と高精度な顔検出を実現したという。今後はさらに精度を高め、家庭用ビデオや映像共有サイト、テレビ番組等で「誰が登場しているか」「どのくらい登場しているか」というような映像に情報を付加する機能として展開していきたいとしている。

【関連リンク】
KDDI研究所、98%の精度でプロの作品を判別する動画分析技術を発表
富士フイルムの画像ソリューション戦略
5ヶ月で7000万人が使った携帯サイト『顔ちぇき!』の今後の戦略
パパは誰に似てる? 『顔ちぇき!~誰に似てる?~』が「パパちぇき!」を開始
政界にネット動画ブーム? 社民党もYouTubeチャンネル開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

飯岡 幹雄(編集部)(イイオカミキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング