SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE NEWS、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に新たに30メディアが参画

 LINEは、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に新たに30メディアが参画したことを発表した。

新規参画したメディア一覧
新規参画したメディア一覧

 LINE NEWSは、2015年12月よりLINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」の展開を開始した。参画メディアは自社のLINEアカウントを開設し、各社が厳選したニュース記事を、当該公式アカウントをフォローしているLINEユーザーに対してプッシュ配信することができるようになる。

 2015年12月1日のサービス開始以降、段階的に参画メディアを増やし、これまでに60メディアが参画。2016年6月28日時点の購読者数(LINE友だち登録数)は累計1,900万人を突破している。

 そして今回の発表では、Forbes JAPANやダ・ヴィンチ、ゴルフダイジェスト・オンラインなど新たに30メディアが参画した。これにより、参画メディア数はLINEの自社メディア4媒体含めると90メディアとなり、ユーザーはこれらの中から自分が好きなメディアが配信するニュースを選択し、LINEアプリ上から無料購読することが可能になる。

【関連記事】
コメ兵、LINEを使った簡易査定サービスを開始
ヤマト運輸、「LINE」で荷物の受け取り日時・場所の変更可能に
アクセンチュア、LINEを活用した顧客体験の創出支援サービスを提供開始
サイバーエージェントの「CA‐Link」「RightSegment」、 デジミホの「R∞」と連携
LINE×バスキュール×電通、七夕をリデザインする「みんなの七夕プロジェクト実行委員会」始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/29 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24695

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング