SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

食の人工知能プロジェクト開始!カラフル・ボードと三菱食品が提携へ

 カラフル・ボードは三菱食品と提携し、同社が提供するパーソナル人工知能「SENSY」を活用した食の人工知能プロジェクトを開始した。「SENSY」は、一人ひとり異なるパーソナルな感性を抽出する技術(パーソナル感性分析)を核として、自然言語処理、画像解析技術を組合せることで、これまでファッション分野にてサービス展開を進めてきた。この度、新たに味覚の分析に応用することで、食分野における事業展開を目指す。

 味覚は(1)定量的に測定することが困難なこと、(2)同じ食品でも人によって味の感じ方が異なること、(3)「美味しい」の定義も人それぞれ異なること、等の理由から科学的なアプローチは困難とされている。そこで、SENSYが有するパーソナル感性分析のアプローチを味覚に応用することで、ユーザーレビュー(飲食後の感想)から一人ひとり異なる味覚をデジタル化して捉える技術を開発。これにより、個々人がまだ食したことのない食品であっても、味覚を予測して提案することが可能になる。

 第一弾の取り組みとして、酒類におけるアプリケーションを開発。ユーザーは3つのワインを試飲し、それぞれのワインに対してどう感じたかをアプリケーションにインプットすることで、人工知能が作成され、事前に用意された複数のワインの中から一人ひとりの味覚に合わせた最適な1本がセレクトされる。この技術を活用し、今後、三菱食品と原料生産者、加工・製造業者、小売業者、生活者等に向け、様々なソリューションを提案していく。

【関連記事】
スーツブランド「P.S.FA」、人工知能「SENSY」を導入~DM最適化、ECレコメンドに活用
ファッション人工知能「SENSY」のカラフル・ボード、ベルーナと提携
人工知能がファッションアイテムを提案!スマホアプリ「SENSY×ISETAN MEN’S」リリース
ABEJAとダイキン、ディープラーニングを活用した協業開始
タグピク、インスタグラマーのキャスティングをAIで容易にするプラットフォーム開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング