SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイジニア、紙媒体のレコメンド効果を計測する特許を取得

 サイジニアは、顧客一人ひとりにパーソナライズしたレコメンデーションが印刷された紙媒体の効果を計測する手法について、特許を取得した。同手法を活用することで、広告効果の検証が難しかった紙媒体でも、ネット広告などと同様にデジタルマーケティングにおける広告効果の検証が可能になる。同社は今後、この手法をO2Oやオムニチャネルの領域で活用する。

提供サービスイメージ
提供サービスイメージ

 同社では、パーソナライズしたレコメンデーションデータをチラシや明細書上に出力するサービス「デクワス.POD」を2014年より提供してきた。2015年にECサイトの行動履歴を分析して、人工知能技術により顧客ごとにパーソナライズされた情報を紙媒体に出力する技術・手法について、特許を取得している(上図橙色矢印)。

 今回特許を取得したのは、パーソナライズチラシを生成する際、顧客ごとのチラシデータを特定の識別子とともに記憶しておき、後日その顧客がECサイトを再訪問して購入した際に、その識別子を照合し成果を計測することに関する発明。また、この発明には、照合結果を単にレポーティングに利用するだけでなく、人工知能技術により次回のレコメンデーション精度向上のために学習データに活かすまでの過程を含む(上図青色矢印)。

【関連記事】
サイジニアと東芝テック、パーソナライズした店頭カタログの実証実験を開始
サイジニア、パーソナライズされたレコメンデーション情報をプリンター出力する技術特許を取得
博報堂DYMPら3社、リアル行動特性に基づきパーソナライズされたメディアサービスの提供を目指す
ルミネ、LINE活用した新アプローチ施策展開〜エイジアのパーソナライズメッセージ配信システム導入
DAC、LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」とDMPの連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/14 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング