SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロイヤリティ マーケティング、韓国の共通ポイント提供するSK planet Japanと提携

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(以下、LM)は、韓国SKグループの SK planet Co., Ltd.が運営する韓国の共通ポイントサービス「OKキャッシュバック」と連携した訪日客向けの共通ポイントサービスの提供に向けて、同社の日本法人であるSK planet Japanとの業務提携を行った。

 今回の提携によって提供されるサービスは、訪日客が日本国内のPonta提携店舗でお買い物をする際に、スマートフォン向けアプリで動作する「デジタルPontaカード」機能を活用することで、共通ポイントサービスの利用が可能となるもの。LMでは、2015年12月より第1弾として、台湾の共通ポイント「得易Ponta」会員向けに同様のサービスを提供している。

 今回新たにSK planet Japanと提携し、3,400万会員を有する韓国の共通ポイント「OKキャッシュバック」会員向けにサービスを拡大する。今秋を目処に、「OKキャッシュバック」会員は訪日時、対象のPonta提携店舗の店頭でスマートフォン画面を提示するだけで、ポイントをためて、使えるようになる。また、日本でためたポイントは帰国後に韓国「OKキャッシュバック」ポイントに移行される。

【関連記事】
ドン・キホーテ、SNS上の顧客の声を多言語で収集・分析~インバウンドにも対応した店舗運営へ
DAC、インバウンドビジネス向けソリューション「いらっしゃいませJAPAN!」提供開始
博報堂DYグループ、旅行・インバウンド専門会社「wondertrunk&co.」設立
博報堂、親日・知日外国人を起用したインバウンド戦略立案、商品開発支援サービスの提供を開始
電通とリクルートHD、インバウンドマーケティング領域で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/01 09:00 https://markezine.jp/article/detail/24927

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング