SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通とイード、中小企業向けにキャッシュフローの自動化ソリューションをリリース

 電通とイードは、両社が共同で運営する中小企業向けのビジネス情報プラットフォーム「HANJO HANJO」(ハンジョー・ハンジョー)を通じ、新たにクラウドキャストとの協業で、FinTechを活用した中小企業経営支援サービス事業を開始する。

 3社は、中小企業の生産性向上を目指し、経理・総務・営業など多様な観点でスマート経営をサポートするサービスの開発・提供を検討しており、その第1弾として、キャッシュフロー管理を自動化するソリューション「Staple Pulse」(ステイプル・パルス)を「HANJO HANJO」内で提供する。

 「HANJO HANJO」は2015年7月の開設以来、中小企業が成長していくためのヒントとなり得る業界情報やトレンド、地方発のビジネスモデルや異業種連携による新しいビジネススキームなど、ビジネス情報を発信してきた。今回の取り組みをきっかけに、今後は経営のスマート化に貢献するための具体的ソリューションの提供を進めていく予定だ。

【関連記事】
電通、データマーケティング会社 「マークル社」の株式取得~グループの成長支える重要な投資に
電通宇宙ラボ、アクセルスペースと「宇宙ビッグデータ」を活用したビジネスを始動
電通、GoogleとSupership、Teadsの3社とスマホ向けPMPを開発
電通、インティメート・マージャーと資本業務提携~パブリックDMPの開発へ
電通がグローバルのBtoB領域を強化、米ジャイロ社の株式を100%取得しインタープライズを統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/17 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25008

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング