SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCマーケティング、実購買傾向データ用いたFacebook広告ソリューションの提供を開始

 CCCマーケティングは、同社が保有する実購買行動から推計したカテゴリデータによるFacebook広告のターゲティング配信ソリューション「Partner Categories(パートナーカテゴリ)」の提供を9月1日より開始した。

 同ソリューションでは、実店舗の購買行動から推計した「興味/関心」や「購買傾向」といった従来のオンライン行動データだけでは実現できなかったカテゴリを生成しての配信が可能になる。また、Facebook社が持つデモグラフィックデータやオンライン行動データ、多様な広告フォーマット(動画、写真)、またはプレイスメント(Facebook、Instagram)と組み合わせることで、ユーザーにとっての広告の関連度が高まり、より大きな広告効果を期待できる。

 提供開始に先立ち行われた実証実験では、大手飲料メーカーのキャンペーンにおいて、コントロール群(ノンターゲティング)と比較して広告認知でより顕著な上昇が見られた。また、購入意向についてもコントロール群(ノンターゲティング)と比較して高いことから、パートナーカテゴリが、より見込みの高い顧客層へのリーチに有効であることが確認された。また、CTRは約2倍で、同キャンペーンとの親和性が高いと想定される30代以上の層では年代に比例して2倍以上の結果となった。

 なお、同ソリューションの提供にあたり、CCCマーケティングは米国Facebook社との間にデータパートナー契約を締結。今後、消費財メーカーを中心に同ソリューションの販売を展開していく。

【関連記事】
CCCマーケティングと博報堂DYMP、CCCの購買データ×メディア接触データ活用したサービス提供へ
メルセデス・ベンツとCCCマーケティング、“クルマを置かないショールーム”開始
CCC、ヤフーとの情報連携をスタート
マイクロアド、CCCが保有する実店舗の購買データを活用した広告配信開始へ
アシックスジャパンとCCCが包括的業務提携、共同事業について企画・開発を検討

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング