SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Tカード、会員数が6000万人を突破~会員の約4割は週に1回、約7割は月に1回利用

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が提供するTカードの直近1年間に利用しているアクティブな会員、かつTカードを複数枚所有する会員の重複を除いたユニークな会員である「アクティブ・ユニーク」な会員数が、2016年9月末で6000万人になった。また、Tカードの累計発行枚数は、1億9000万枚と日本総人口を超える枚数にまで達している。

 CCCは、共通ポイントサービス「Tポイント」を2003年10月に開始。当初は1640万人であった会員数も、サービス開始から13年超が経過し、2016年9月末に今回の数字を突破した。

 現在Tポイントには、56万の店舗やECサイトなどが参加していることもあり、月に一度でも利用している会員は全体の約7割にあたる4300万人、また週に一度は利用するという会員も全体の約4割、2700万人いることがわかった。

【関連記事】
CCCマーケティング、実購買傾向データ用いたFacebook広告ソリューションの提供を開始
メルセデス・ベンツとCCCマーケティング、“クルマを置かないショールーム”開始
CCCマーケティング、あらゆるカードを集約できるプラットフォーム「スマホサイフ」を開始
イオン、新「WAON POINT」サービスを開始~各社の会員組織を統合、ビッグデータ基盤構築へ
メルセデス・ベンツ日本、Tポイントサービスを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング