SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セカンドライフに、緑とともに静かに暮らす人たちのための紹介型日本人居住区「Rhizome」登場

 メタバーズが新しくセカンドライフ内にオープンするSIM(セカンドライフ上の土地の区間)である「Rhizome」は、主にクリエーターショップや住居向けの敷地となり、月額5000~9500リンデンドルで提供される。入居には既存の「Koenji」「Shimokitazawa」「Rhizome」居住者からの「紹介」が必要となる。

1月30日オープンの「Rhizome」のイメージ。

 「Rhizome」は、「緑とともに暮らし、考える人たちのためのSIM」となるため、居住者には、木や草花を植えることが推奨されている。建築の高さ制限は、原則として地表から20mとなっており、派手な看板・広告、区画外に音楽や音が漏れるのも禁止される。そのため、クラブイベント、ライブイベントも禁止となる。入居希望者の受付は、1月23日から1月31日まで行われる。

【関連リンク】
mixi(ミクシィ)とSecond Life(セカンドライフ)をAlexa(アレクサ)で比べても無意味な理由とは?
国内初、内閣府がセカンドライフでも防災イベントを開催
セカンドライフ超え? 群雄割拠する3次元仮想世界
セカンドライフでも金融不安? 不正な仮想銀行の活動を禁止
セカンドライフ潜入ルポ(1) ブックオフの迷路でひらめいた「Second Life」の可能性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/23 20:42 https://markezine.jp/article/detail/2533

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング