SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ガイアックス子会社、有人対応とBot対応でチャットサポート行う「hitobo」リリース

 ガイアックスの100%子会社で、カスタマーサポートおよびソーシャルメディアモニタリング事業を行うアディッシュは、チャットサポートサービス「hitobo」の提供を開始する。

 現在チャットボットを活用したカスタマーサポートに注目が集まっている。しかし企業がチャットボットを顧客窓口として活用しようとする場合、「Botの準備作業が膨大かつ、機能させるノウハウが必要」「自動応答可能な範囲が限定的で、活用可能範囲がまだ狭い」といった課題がある。

 そこで、同社が今回提供開始した「hitobo」では、チャットボットによる自動応答とオペレーターによる有人対応を組み合わせた。これにより、人とBotが持つお互いの強みでそれぞれの弱みを補完する高度な業務共存を実現した。

 具体的には、チャット窓口総合の設計から、人とBotの連携システムおよび有人オペレーション体制の構築をワンストップで行う。

【関連記事】
LINE、チャットボットの開発・普及に向け新展開~新Messaging API公開し、正式提供を開始
メタップス、メッセージアプリ上で買い物ができる「SPIKEチャットペイ」の提供を開始
博報堂、ぬいぐるみで会話するボタン型デバイス「Pechat」を先行販売
はるやま商事、ECサイトにWebチャットサービスを導入~店頭と変わらぬ「おもてなし」目指す
プロトコーポレーション、LINEと提携~中古車販売店にLINE上でのチャット機能を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/04 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25336

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング