SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウド名刺管理サービス「Sansan」が 日経会社プロフィル、日経WHO’S WHOと連携

 Sansanは同社のクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、日本経済新聞社が提供するビジネスデータベース「日経テレコン」の日経会社プロフィル・日経WHO’S WHOとの連携を10月7日より開始した。これにより、Sansanのユーザーは、名刺交換した相手の会社情報や人物のプロフィル情報を「Sansan」のサービス画面から閲覧できるようになった。

 これまで「Sansan」では、名刺に記載されている情報を集積し、独自のデータベースを構築してきたが、今回の連携により、同サービスに取り込んだ名刺に関連する企業の基礎情報、沿革、事業内容、財務諸表や、日経WHO’S WHOに存在する人物のプロフィル情報を閲覧できるようになる。加えて、日経会社プロフィルの情報を用いて「未接触の人物」情報を「組織ツリー」上に表示する機能が実装された。

 「組織ツリー」機能は、会社対会社のつながりを組織図式に可視化するもので、今回の連携により機能を拡張。日経会社プロフィルに存在する人物で、まだ名刺が取り込まれていない未接触の人物を「組織ツリー」に自動で表示する。これにより、ユーザーは、次にアプローチするべきキーマンの候補を簡単に知ることができるようになる。

【関連記事】
フロムスクラッチの「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連携を開始
Sansan、ブランドコミュニケーション部を新設~ブランドイメージの醸成目指す
パソナがMarketoを導入 Sansanと連携した顧客管理、パーソナライズドメールを実現
日経電子版が名刺管理アプリ「Eight」と連携、仕事に使えるツール機能強化
Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス「B2B LoveLetter」提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング