SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TSUTAYA、通販サイトにブレインパッドのMAを導入~One to Oneマーケティングを強化

 ブレインパッドは、TSUTAYAが運営する本・CD・DVD・ゲームなどの通販サイト「TSUTAYA オンラインショッピング」に、マーケティングオートメーション「Probance Hyper Marketing」が採用されたことを発表した。

 TSUTAYAが今回「Probance Hyper Marketing」を採用したポイントは3つあるという。1つ目は、TSUTAYAの持つ膨大な顧客情報や取引データを処理し、One to Oneのコミュニケーションが実現できる点。2つ目は、同社がすでに導入しているブレインパッドの「Rtoaster」とシームレスに連携可能な点だ。これにより、プライベートDMPに蓄積されたウェブサイト上の行動履歴の活用が容易に実現し、データを蓄積するための時間や開発コストを大幅に圧縮できる。

 3つ目は、データ分析・データ活用の知見と経験に基づいたブレインパッドの支援体制。これにより「Probance Hyper Marketing」の導入後も、ツールを利用した高度なマーケティングアクションを継続的に実施できる。

 今後TSUTAYAは、同通販サイトを利用する顧客に対し、一人ひとりの興味・関心にあわせた、最適なタイミングでのEメールコミュニケーションを実現するプラットフォームとして「Probance Hyper Marketing」を活用していく。

【関連記事】
IMJ、三井不動産商業マネジメントにデジタルクーポン消込みサービスを提供
2年間で最大34,400マイルが貯まるスマートフォン、「ANA Phone」登場
BtoC通販特化型MAツール「CoReforthOne」、リリース3ヵ月で導入企業20社を突破
スパイスボックスとDAC、医薬品メーカー向けにLINEビジコネ活用したサービスの提供開始
DACとCCCマーケティング、YouTube動画広告配信サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/19 10:00 https://markezine.jp/article/detail/25438

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング