SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JR東日本リテールネット、NewDaysのデジタルサイネージ広告事業を拡大

 JR東日本リテールネットは、運営するコンビニエンスストア「NewDays」店舗内外装に設置を進める、大型デジタルサイネージを活用した広告事業を、2017年1月より拡大する。

デジタルサイネージのイメージ
デジタルサイネージのイメージ

 同社では2016年10月、33台のデジタルサイネージにて広告販売事業を開始した。現在デジタルサイネージの増設が進み、年内には65台になる。また、2017年度内に100駅200台体制の構築を目指しており、これにあわせて「NewDays VISION」の広告事業を拡大展開する。

 今後、デジタルサイネージの増設に従い、3ヶ月ごとに商品及び価格改定が行われる予定。なお、2017年1月から3月放映期間の広告商品は次の通り。

  1. 「ネットワーク」セット:首都圏広域に情報発信ができる。32駅60台セット:1,100,000円(1週間/15秒/6分ロール)
  2. 「単駅」販売:各駅での販売。長期の利用も可能(例 新宿駅7台:520,000円、高円寺1台:20,000円 共に1ヶ月/15秒/6分ロール)
  3. 「スペシャルビジョン」:情報発信力に特に優れた箇所を1社単独で利用可能。渋谷駅1番線ホーム:700,000円(12月発売予定)、新宿南口中央:750,000円、恵比寿駅西口改札外:320,000円(価格は1週間)

【関連記事】
TBSテレビの大学向けデジタルサイネージ「キャンパスTV」と「C CHANNEL」が共同広告を提供
料理動画メディア「DELISH KITCHEN」、名古屋駅のデジタルサイネージにコンテンツを提供
旬なコンテンツをデジタルサイネージに自動配信!ヤフーと電通、六本木駅で実証実験を開始
クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告を配信
凸版印刷、自分の顔と合成したアバターを生成できる体験型デジタルサイネージを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング