SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、繁華街の行動データを分析する「マチログ」リリースへ~屋外広告の効果を可視化

 電通は、ドコモ・インサイトマーケティング、エリアレポートの作成サービスの提供などを行うマイクロベースと協業し、生活者の行動データに基づく分析ソリューション「マチログ」を12月上旬から提供開始する。

 「マチログ」では、全国で約7,000万台におよぶドコモ携帯電話の基地局情報を活用した「モバイル空間統計」データのうち、特定の1カ月間のデータを活用した分析が行うことができる。モバイル空間統計データは、集団の属性と人数のみを表す人口統計情報であるため、ユーザー個人を特定することはできない。ただし、その人口カバー率の高さから、実態に近い数値が捕捉できる。

 また、同データは最小でも250mのメッシュサイズだが、位置情報・統計情報の分析を得意とするマイクロベースのテクノロジーを使うことで、25mメッシュへのダウンスケーリングを実現した。

 そして今回、第1弾として渋谷・表参道エリアの分析ソリューションをローンチ。これにより、今まで数値化・可視化が難しいとされていた屋外広告の伝達度合を、25mメッシュごとに性別・年代別・曜日別・時間帯別の軸で集計することが可能になった。

 今後は東京の他エリアを含む、全国主要7地区(東京/大阪/名古屋/札幌/福岡/仙台/広島)の繁華街エリアへとサービスを拡大していく予定だ。さらに、年末年始やゴールデンウイーク、ハロウィンといった特異な行動パターンが想定される時期の分析・可視化にも取り組んでいく。

【関連記事】
電通、アメリカの多文化対応に強み持つ総合広告会社を買収
電通、VR領域をビジネス化するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設置
電通、共働き世帯の父親をターゲットとする研究チーム「パパラボ」を発足
クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告配信
電通ダイレクトフォース、3Minuteらと共同でインタラクティブミュージックビデオを制作

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/21 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25634

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング