SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、VRエンターテインメントコンテンツを開発する米サビオス社に出資

 電通が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下、電通ベンチャーズ)は、VRエンターテインメントコンテンツを開発する米国のSurvios, Inc.(以下、サビオス社)に出資した。

 サビオス社は、VRアクションゲーム「Raw Data」を2016年7月に発売し、1カ月で100万ドルの売り上げを達成した企業。また現在、VRコンテンツの開発ノウハウを活用し、複数の新たなタイトルを開発中。同社は今回調達する資金をコンテンツ制作や配信プラットフォームの構築に充て、他社との共同制作やグローバルな配信ネットワークを強化してく予定。

サビオス社のサービスイメージ画像
サビオス社のサービスイメージ画像

 電通グループは今回の出資を契機に、サビオス社が開発するインタラクティブコンテンツのアジア展開と、同社の新しいビジネス開発を支援していく。

【関連記事】
VRで「ドドンパ」を再現~富士急ハイランドに新アトラクション「ほぼドドンパ」登場
サイバーエージェント、VR領域に本腰~新会社VR Agentを立ち上げ
博報堂、VR領域媒体社向けソリューション「VR Factory for Media」開始
フジテレビ制作のオリジナルVR作品を視聴できるアプリ「FOD VR」登場
電通、VR領域をビジネス化するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設置

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/12/15 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25781

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング