SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Yahoo!、第4Q決算で1000人の人員削減を発表

 発表された資料によると、2007年第4四半期の売上高は前年同期比8%増の18億3,200万ドル、総利益は12%増の11億3,000万ドル、営業利益は38%減の1億9,100万ドル、純利益は23%減の2億600万ドルとなった。また、2007年通期で見ると、売上高は前年比8%増の69億6,900万ドル、総利益は10%増の41億3,100万ドル、営業利益は26%減の6億9,500万ドル、純利益は12%減の6億6,000万ドルとなった。

 広告収入を見ると、Yahoo!サイトでは、第4四半期で前年同期比21%増の10億3,500万ドルと好調だったものの、提携サイトでは5億5,500万ドルで13%減少。2007年通期で見ても、Yahoo!サイトでは前年比20%増の36億7,100万ドルだったが、提携サイトでは24億1,700万ドルで5%減少している。一方、営業費は第4四半期・通期ともに増加しており、第4四半期は前年同期比33%増の9億3,900万ドル、通期では前年比22%増の34億3,500万ドルに膨らんでいる。

 この発表と同時にYahoo!は1,000人の解雇と発表。以前からささやかれていた人員削減を2月中旬までに実施することとなった。

【関連リンク】
ユーザーを囲い込む時代は終わった?米Yahoo!が「OpenID」サポート
米Yahoo!、Zimbraを3億5,000万ドルで買収、メールサービス強化へ
米Yahoo、全米第5位のアドネットワークBlueLithiumを3億ドルで買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング