SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユナイテッド、SSP「AdStir」にてユーザー行動の解析に基づく広告枠設計コンサルティングを開始

 ユナイテッドは、スマートフォン媒体社向けのSSP「AdStir」にて、A/Bテストツールを用いてユーザー行動を解析し、最適な広告枠設計を行うコンサルティングの提供を開始する。

A/Bテストツールのイメージ
A/Bテストツールのイメージ

 A/Bテストツールは、従来のページレイアウトとは別に、レイアウト変更を加えたテストパターンを用意し、ユーザーを2つのレイアウトに振り分けた上、どちらがより高い広告効果を得られるのかを検証することが可能。このA/Bテストを継続して行うことで、メディアの広告収益を最適化する。加えて、ヒートマップ分析を行うことにより、ユーザーの行動を可視化する。分析結果から、媒体社が設定するKPI達成をサポートする。

ヒートマップ分析のイメージ
ヒートマップ分析のイメージ

 同社は、広告枠の収益最大化だけではなく、広告枠自体の設計を重要視している。しかし、媒体社が広告枠設計を行うには、ユーザーの行動解析に必要なデータ取得や、サイトレイアウトのA/Bテストが必要で、手間やコストがかかる。

 そこで、A/Bテスト機能やヒートマップ分析を通じて仮説検証を行い、これらの課題解決をサポートしていく「広告枠設計コンサルティング」の提供を行うに至った。

【関連記事】
ADFULLY、動画インタースティシャル広告のメディエーション機能を提供
DSP「Logicad」、SSP「fluct」と連携~人工知能活用した広告配信可能に
AOLプラットフォームズ・ジャパン、AMPに対応した広告タグの提供を開始
ユナイテッド、アプリデベロッパ―のマネタイズ支援する事業部を新設
ユナイテッド、データフィードマネジメントを使った広告配信サービスの提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/10 12:30 https://markezine.jp/article/detail/25868

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング