SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チャットボット技術を採用~はるやま商事、就活生向けにLINEアカウント開設

 はるやま商事は1月20日、人工知能(以下、AI)ソフトウェア開発を行うコンシェルジュが展開するAIによる自動応答チャットボット技術を採用し、就活生への情報提供に特化した「はるやま就活」LINEアカウントを開設した。

 はるやま商事は長年にわたり、全国の大学や高校、専門学校において、就活生や新社会人に向けた「スーツ着こなしセミナー」を実施しており、専用サイト「はるやま就活」の公開など、学生支援活動に注力してきた。

 これらの支援を通じて得られたノウハウと、AIチャットボット機能を用いた「はるやま就活」LINEアカウントを通じて、就活生が必要とする様々な情報を提供していく。

 チャットボット機能を搭載することにより、LINE上でスーツの着こなしやビジネスマナーなどに関する情報を素早く返答することができる。その他にも、同アカウントでは、就活に関するセミナー情報やLINE限定のクーポンの配信などを展開する。

【関連記事】
はるやま商事、ECサイトにWebチャットサービスを導入
スーツブランド「P.S.FA」、人工知能「SENSY」を導入
JCBとISID、チャットbot活用した海外観光ガイドを開発
野村不動産アーバンネットの不動産情報サイト、AI活用したチャット型Q&A サービスを開始
ビズリーチ、Faber Companyのコンテンツマーケティングツールを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/24 10:00 https://markezine.jp/article/detail/25939

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング