SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソニー損保×Yahoo! JAPAN、カーナビのデータを活用した商品・サービスの開発を目指す

 ソニー損害保険(以下、ソニー損保)とヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、Yahoo! JAPAN提供のスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」から得られる運転特性データを活用した、テレマティクス保険商品や関連サービスの開発に向けた共同研究を開始する。

 ソニー損保は、同社の一部保険契約者を対象に参加同意を得た上で、2017年春から約1年間(予定)モニターテストを実施し、研究を行っていく。具体的には、モニターテスト協力者が使用する「Yahoo!カーナビ」で計測された、走行速度、急加速、急減速などの運転特性データを、テレマティクス保険のひとつである運転行動連動型(Pay How You Drive型、以下、PHYD型)保険商品を開発するための研究に活用する。

 ソニー損保は、顧客一人ひとりのリスクを保険料に反映させるPHYD型の自動車保険の開発に取り組んできた。一方、「Yahoo!カーナビ」では、カーテレマティクス事業「Yahoo!カーナビ プラス」構想を掲げ、自動車保険分野との連携を検討しいた。

 両社は今後、ドライバーの安全運転支援や事故防止につながる新たなサービスや、納得感のある新しい保険商品の開発に向けた検討を進め、自動車事故の削減に対する貢献を目指す。

【関連記事】
KDDI×トヨタ、「auでんきアプリ」にて新型プリウスPHVの走行距離など確認可能に
楽天生命、2月より女性向け体調管理アプリ「楽天キレイドナビ」の運営を開始
トヨタ・コメダ珈琲店・KDDI、地球約65周分の「ながらスマホ運転」防止を達成
トヨタ自動車、「つながる」技術に関する取り組み加速~車両データの有効活用目指す
LINEでコミュニティバスの位置情報を通知、恵那バッテリー電装が実証実験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/02 12:30 https://markezine.jp/article/detail/26003

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング