SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

求められるのは「何を届けるか」 楽天とSupershipが考える最新アドテクノロジー

 DSPやDMPをはじめとしたアドテクノロジーを提供するSupershipの技術提供を受けて新機能を実装した楽天DSP。後半となる今回は同サービスの提供に関する今後の展望やオーディエンスデータ活用の未来の話などを中心にお届けする。

PC領域のデータを活用してモバイル領域を強化する

――前回の記事では、楽天Supershipによる取り組みの背景やサービスの概要を聞いてきました。今回の記事ではまず、楽天の消費行動分析データと、Supershipのオーディエンスデータおよびテクノロジーを組み合わせる今回のプロジェクトによって、どんな成果が得られるかを聞きたいと思います。

(左)Supership株式会社 広告事業本部 デマンド事業部 ビジネス開発部 部長 小林賢太郎氏
(右)楽天株式会社 アドソリューションズ事業 アド事業部
データ・ファクトドリブン課 テクノロジーソリューショングループ 渡邉桂子氏

小林:データを使った広告配信在庫の拡大につながり、これまでリーチできなかった人に広告をリーチさせることができます。また今までよりも多くのデータを活用することで、スマートフォンのWeb/アプリのユーザー分析もよりしやすくなると思います。

渡邉:また、Supershipが接続している国内の広告在庫は質がよく、パフォーマンスに優れています。CPCが安く済むこともあり、その部分にこれまでとの違いを感じます。

小林:これまでの楽天DSPで発揮できていたパフォーマンスと新生楽天DSPの配信パフォーマンスを比較した場合、CPCにおいて今回のほうが良い効果を出しています。

スマートフォン上のブランディング活用の強化にも

――楽天の消費行動分析データと「ScaleOut Ad Platform」を掛け合わせることによって、ほかのDSPより親和性が高く、良いパフォーマンスが出せるということですね。

渡邉:はい。もともとPCのディスプレイ広告を中心にやってきたので、スマートフォンの広告在庫自体が多くなかったということも影響していますが。今回の取り組みで在庫の強化、配信精度を上げることについても効果が出ています。

 楽天DSPはブランディング目的で使っていただくことが多く、その中でスマートフォン上でのブランディング施策に対する広告主様の意識が高まってきています。今回のパートナーシップで、「スマートフォン上でのブランディング」がよりしやすくなると考えています。

――なぜスマートフォン上でのブランディングがよりしやすくなるのでしょうか。

渡邉:ブランディング目的で施策を行う場合、調査を紐づけた測定が重要です。ファーストパーティデータに基づいてcookieおよびDeviceIDのマッチングテーブルを持ち、配信でもレポーティングでも一元管理が可能です。

 また、グループ会社に楽天リサーチがあるため、調査に深みを出すことができます。言い換えると、データの利活用とマーケット調査をセットでできるプラットフォームなので、今後、ブランディング目的でのスマートフォン上の施策は更に浸透していくと思います。

次のページ
クライアントに合わせてカスタマイズも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

元永 知宏(モトナガ トモヒロ)

1968年、愛媛県生まれ。立教大学野球部4年時に、23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。ぴあ、KADOKAWAなど出版社勤務を経て、フリーランスに。『本田宗一郎 夢語録』、『羽生結弦語録』(ぴあ)などを編集。2016年10月に『期待はずれのドラフト1位』(岩波ジュニア新書)を上梓した。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング