SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバイルファクトリーとサーチフィールド、クラウドファンディング×位置ゲームで地方創生を応援

 モバイルファクトリーとサーチフィールドは、地方創生につながるクラウドファンディングプロジェクトの発掘に向けた取り組みについて連携協定を締結した。

 「駅奪取シリーズ」「駅メモ!シリーズ」などの位置情報連動型ゲームを開発運営するモバイルファクトリーは、駅や観光地等を対象とした集客キャンペーンを実施し、ゲームユーザーが全国各地に訪れる機会の創出、地域経済の活性化につながる取り組みを推進してきた。

モバイルファクトリーが2016年に11のO2Oイベントを実施し、その効果は参加人数17万人/経済効果15億円だった
モバイルファクトリーが2016年に11のO2Oイベントを実施し、その効果は参加人数17万人/経済効果15億円だった( 2017年1月19日モバイルファクトリー発のプレスリリースより)

 一方、サーチフィールドは地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」および、ふるさと納税サイト「F×G(エフバイジー)」を運営している。

 今回の協定締結によって、両社は自治体や鉄道会社、観光関連企業等と協力して、クラウドファンディングにて自治体や鉄道・観光関連企業を主体に、まちおこしプロジェクトの資金を集め、プロジェクトの一環として位置ゲームを通じたPRキャンペーンの実施していく。

 また、サーチフィールドは、クラウドファンディングの企画相談からプロジェクト運営のコンサルティング支援を行うとともに、自治体に対してふるさと納税プロジェクトも同時に受け付け、民間・自治体の地方創生活動のサポートも行う。

【関連記事】
蔦屋家電など「未来商店」を開始~クラウドファンディングの商品に触れ、一歩先の未来を体験
みずほ銀行、クラウドファンディングサービス「Makuake」と連携したサービス開始
日本経済新聞、購入型クラウドファンディングサービス「未来ショッピング」開始
バンダイナムコエンターテインメント、ヴァーチャル広告代理店 「城崎広告」始動
ロッテ、ガムが5人のイケメンに擬人化した「ガム彼!」公開~人気声優を起用、恋愛ゲーム要素も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング