SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

VAZとCandee、動画メディア領域で業務提携 LINE LIVEで配信をスタート

 インフルエンサーマーケティング事業、SNSプラットフォーム事業を行うVAZは、モバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開する、Candeeと、動画メディア領域において戦略的業務提携契約を締結した。

 VAZは、若年層に人気のあるインフルエンサーを約60名抱え、合計フォロワーは約700万人をほこり、10代・20代から興味関心を集めている。また、インターネット上の複数プラットフォームを活用し情報を発信していくブランド「Mel」を立ち上げ、2017年3月よりYouTubeチャンネル「MelTV」を開設し、動画を配信している。

 一方Candeeは、設立2年で動画配信1,000本以上、特にライブ配信においては300本以上の実績を培ってきた。ライブ配信ならではの、インタラクティブなコミュニケーションが可能な企画・配信技術・キャスティングに至るまでをワンストップで提供可能な知見とノウハウを持っている。

 この両社の強みを活かし、10代・20代のスマホ世代に響くインフルエンサーを起用し、共感を得られるコンテンツのライブ配信を行う「Mel LIVE」を立ち上げた。まずはLINE LIVEにて4月15日の18時からスタートする。

【関連記事】
アライドアーキテクツとVAZ、若年層向け動画マーケティング支援で協業を開始
TwitterやMixChannel発のバズを詰め込んだパロディー動画「JAPANESE BUZZ」
LINE LIVE、Twitter IDによるログイン、ライブ動画配信も可能に 配信者の調査も実施
動画のパワーを最大化して「新たなマス」を狙うために/定期誌『MarkeZine』第17号
トランスコスモス、本社内にクリエイティブ撮影スタジオを開設 撮影から編集を社内で完結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/14 08:00 https://markezine.jp/article/detail/26370

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング