SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、オーストリア最大の総合メディア代理店「メディア・アット」の株式100%取得で合意

 電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、独立系ではオーストリア最大で同国2位の取扱高を持つ総合メディア代理店「media.at GmbH」(以下、メディア・アット)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

 本件買収により、同社グループはオーストリアで第2位の広告会社グループとなる。なお、本買収の実現のためには、オーストリア規制当局の承認が必要となる。

 40年以上の歴史を持つメディア・アットは、コミュニケーション戦略に関わるコンサルティングや調査・データ分析、またマスメディア、デジタルメディア、屋外・交通メディアなどを活用した広告のプランニングとバイイング、広告効果の検証などを総合的に提供するメディア代理店だ。

 同社は買収後もメディア・アットの社名をそのまま維持し、電通グループ各社との協業を進めていく。

 特にデジタル作業に特化したブランドであるIsobar(アイソバー)、iProspect(アイプロスペクト)や、デジタル広告のトレーディングデスク・サービスを提供しているAmplifi(アンプリファイ)との協力関係を深め、同国におけるグループ内での相乗効果を高めていく狙い。

【関連記事】
電通、インドの「SVGメディアグループ」の株式を89%取得 同国でのデジタル支援を強化
電通、米リープフロッグ社を買収 アメリカでのデジタルパフォーマンス領域を強化
電通、米国のアコーダント・メディア社を子会社化~運用型広告の最適化システムに強み
電通、アクティベーション領域に強みを持つ独マルケンロフト社を買収
電通がグローバルでのBtoB領域を強化、米ジャイロ社の株式を100%取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/12 10:30 https://markezine.jp/article/detail/26486

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング