SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報

【レポート】08年1月下旬のYahoo!アルゴリズム変更により急落したページの共通点とは?


2008年1月に検索ランキングが急落したページにはある共通点が見られるということが、調査の結果わかりました。急落を未然に防ぐためのポイントを探ります。

Yahoo!アルゴリズム変更により一斉に急落したページにみられる共通点とは

 2008年、最初の大きな順位変動は、1月終盤に起こりました。

 弊社にて行った、3000URLのランキング変動調査(※記事末の「調査対象キーワード」参照)では、100位内では3割、10位以内では2割のページの入れ替わりを確認。依然その進化を止めないYahoo!検索アルゴリズムの実態把握のため、この度の順位変動を“上位から急落したページ”、と“上位ページ”に分け、比較調査を行いました。

100位以内のサイトの順位変動
100位以内のサイトの順位変動
10位以内のサイトの順位変動
10位以内のサイトの順位変動

急落ページとは

 今回、「急落ページ」の定義を以下としました。

12月10日の調査時点で20位以内だったページ中、1月25日~30日調査時点で50位以下に下降したページ

 さて、12月に20位以内であった調査対象ページ600URL中、急落ページの定義に当てはまるページは、7.5%45URLでした。

 ※上位である条件を10位以内に絞ると参照できるページが少なくなってしまうため、上位20位以内に範囲広げました。

12月に上位だったページの急落率
12月に上位だったページの急落率

上位ページとは

 対して、「上位ページ」とは、

弊社指定30キーワードのYahoo!検索結果において、20位以内にランクインしていたページ

です。

急落ページと上位ページを比較

 急落ページと上位ページのSEO関連情報を比較。するとその数値に大きな隔たりが見受けられました。おそらくは順位急落に大きく影響したと推測される要素を赤字にて示します。

調査対象 ページ容量
平均値
総単語数
平均値
キーワード出現率
平均値
<title>内のキーワード
出現回数
平均値
ドメイン
取得後
経過年数
平均値
インデックス数
平均値
被リンク数
平均値
サイト内
被リンク数
平均値
Yahoo!カテゴリ
登録サイト
の割合
急落ページ
(45URL)
36811KB 763語 4.6% 1.1回 5.8年 15565ページ 118293件 8023件 36%
1位~10位
(300URL)
43901KB 1152語 4.0% 1.4回 6.4年 454182ページ 332394件 130891件 85%
11位~20位
(300URL)
36407KB 976語 4.2% 1.3回 6.5年 148359ページ 100314件 50849件 79%

 ……インデックス数の少ないサイト、Yahoo!カテゴリに登録していないサイトが主に急落している??

時系列の比較で検証(2007年10月〜2008年1月)

 多面的にデータを捉えるために、急落ページから一旦離れ、昨年10月から今年1月までの3000URL調査データの推移を見ることにします。

Yahoo!インデックス数の平均値の推移
Yahoo!インデックス数の推移

 昨年10月から今年1月までの各順位のインデックス数の推移を見ると、乱高下しながらも全体的に若干の増加が見られます。ですが、特別問題視するほど大きくは変動していないようです。

Yahoo!カテゴリ登録サイトの割合の推移
Yahoo!カテゴリ登録サイトの割合の推移

 1月下旬のアルゴリズム変更を境に、Yahoo!カテゴリ登録サイトが検索結果に占める割合が全体的に20%近くも、つまり極端に増加している事が分かります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Yahoo!カテゴリ登録を行っていなかったサイトの多くは順位が急落

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

(株)スプール 八百谷 真(ヤオタニ マコト)

株式会社スプール 代表取締役。1977年生まれ。ブラストホールディングス株式会社にてSEOツール無料公開サイト「SEOTOOLS」の立案・制作を担当後、2006年10月、株式会社スプールを設立。現在はSEOコンサルティングツール「spoool seo-suite」に注力。著書に「SEO 検索上位サイトの法則」(ソーテック社)がある。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/21 10:41 https://markezine.jp/article/detail/2684

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング