SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フルスピード、動的IPアドレス属性特定技術を開発 企業ターゲティング広告の精度向上

 アドテクノロジーの開発およびインターネットマーケティング事業を行うフルスピードは、動的IPアドレスに関する属性特定技術を開発し、この技術に関連する特許出願を実施した。

 同技術は、フルスピードが提供しているディスプレイ広告プラットフォームである「ADMATRIX DSP(アドマトリックスディーエスピー)」のRTBで磨いたビックデータ分析技術に、独自の解析アルゴリズムを加えて実現した。

 従来の少数データからのモデリングによってユーザー推定する推定技術とは異なり、少数データからIP属性を静的に特定できる点が特徴となっている。

 今回開発した技術を企業属性との紐づけに応用した「DOI(Dynamic Office IP Identification)」を、「ADMATRIX DSP」のオフィスターゲティングに適用することで、従来では特定不可能であった動的IPアドレスを使用する企業群に対しても、ターゲティング広告の配信が可能になった。

 特許出願前に実施したテスト配信では、DOIの効果により、従来ではターゲティングできなかった中堅・中小企業など約数万社の企業に対しても、新規にターゲティングをすることができた。

 フルスピードは同技術を活用したDOIへの投資を継続し、将来的に「ADMATRIX DSP」で国内100万社に対する企業指定ターゲティングの実現を目指す。

【関連記事】
サイバー・バズ、インスタグラム専門の企業アカウント運用代行サービスを開始
Adobe Target、データサイエンス機能をオープン化 企業が持つアルゴリズムとの統合可能に
インフルエンサーマーケティングのクロスリング、SNSアカウント比較・分析ツールをリリース
電通とJリーグ、CRM機能を備えた公式アプリ「Club J.LEAGUE」を共同開発
会話のネタになる情報を自動収集!名刺管理アプリ「Wantedly People」に新機能追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/18 13:00 https://markezine.jp/article/detail/26950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング