SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドフラウドが最も多いアプリのカテゴリは、ニュースおよびエンターテイメント分野【AppLift調査】

 モバイルアプリのマーケティングプラットフォームを提供しているAppLiftは、世界的なアドフラウドの分布データについてのレポートを公開した。アドフラウドが最も多いアプリのカテゴリーは、ニュースおよびエンターテイメント分野であることがわかった。

 本調査は、AppLiftのプログラマティックプラットフォームである「DataLift 360」における200ヶ国でのキャンペーンを対象に12週間にわたって行われた。レポートの調査結果は下記の通り。

 RTBに関する不正インプレッションの割合が最も大きかった国は、インドとインドネシアであり、それぞれ31.29%と21.23%に及ぶことがわかった。また、エンターテイメントアプリとニュースアプリは不正なトラフィックが最も多いことが判明した。

国別Fraudレベル:RTBでの不正インプレッションの比率
国別Fraudレベル:RTBでの不正インプレッションの比率
アプリカテゴリーごとの、RTBにおけるFraudインプレッションの比率
アプリカテゴリーごとの、RTBにおけるFraudインプレッションの比率

【最も不正行為が多いアプリのカテゴリー】

  • エンターテイメント:22%
  • ニュース:22%
  • 教育:21%

【最も不正行為が少ないアプリのカテゴリー】

  • 子育て:2%
  • ショッピング:3%
  • 旅行:7%

 アドフラウドの発生タイミングは「クリック」「インストール」と「ポストインストール(インストール後のアプリ実行時)」の各フェーズであり、高度化が進んでいる。中でも、モバイル広告業界にとって最も損害の大きいアドフラウドは、広告スタッキング、クリックインジェクション、およびクリックスタッフィングだとされている。

広告スタッキング

 広告スタッキングとは、ユーザーが広告をクリックした際、当該アプリのアプリページに遷移する間にユーザーの目に触れない多数のバナーをクリックさせることで、 そのデバイスに他アプリのアトリビューションをタグ付けするもの。

広告スタッキング
広告スタッキング

クリックインジェクション

 クリックインジェクションとは、便利なアプリにみせかけた悪意のあるソフトウェアをインストールさせ、デバイス活動をモニタリングした上で、ユーザーが新しいアプリをダウンロード・インストールするタイミングを検知して、当該デバイスから新たなクリックを注入(インジェクション)するもの。アプリが起動されると、その情報もフラウド設置者にアトリビュートされてしまう。

クリックインジェクション
クリックインジェクション

クリックスタッフィング

 クリックスタッフィングとは、デバイスのバックグラウンドでユーザーが気が付かないうちにアプリ内広告でのクリックを生成してデバイスにタグを詰め込む(スタッフィングする)もの。ユーザーがアプリをオーガニックダウンロードすると、フラウドによるタグ付けに基づいて悪意あるメディアソースへのアトリビュートが発生する。

クリックスタッフィング
クリックスタッフィング

 AppLiftのCEO兼共同創業者であるティム・コスチェラは、「アドフラウドの増加は広告業界の健全性を脅かすだけでなく、広告主にとって大きなコスト増になります」と語っている。

【関連記事】
モバイル効果計測ツールの「TUNE Marketing Console」がアドフラウド対策機能を実装
GMO SSPがBlack Heronと連携 ドメイン偽装やアドインジェクションなど広告不正に対応
ログリー、アドフラウドやアドベリフィケーションへの取り組みを強化 
Phybbit、AIを活用したアドフラウド対策サービス「SpiderAF」リリース
インティメート・マージャー、インテグラル・アド・サイエンスと提携 アドフラウド対策強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/22 12:45 https://markezine.jp/article/detail/26960

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング