SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

成功事例から学ぶ!コミュニティマーケティングの秘訣

主婦ブロガーを起用して大成功!徹底的な階層化で自走するcottaのコミュニティ運営事例

 コミュニティマーケティング成功の秘訣を、成功企業の事例から考察する本連載。第1回目の前回は、コミュニティマーケティングの基本的な考え方や概況をまとめました。今回は、お菓子・パン材料・ラッピングの通販cottaの取り組みに注目。コミュニティを活性化・階層化することで、成果につなげている施策事例を紹介します。

大分県の田舎から始まった事業、だからこその展開?

タイセイ 佐藤綾希子氏
株式会社タイセイ 取締役 佐藤綾希子氏

松澤:初めにcotta(コッタ)の事業概要を教えてください。

佐藤氏2006年に始まったcottaは、親会社のタイセイが始めたお菓子のラッピング資材を個人向けに販売するECサイトです。タイセイは大分県の会社で、当初は法人向けにも小ロットで製菓材料やラッピング資材を販売していました。

 コンシューマー向けへと事業の中枢を転換する際にロゴやサイトを作ったものの、商品をサイトに載せるだけでは、何だか地味で…。今でこそ製菓材料やキッチン道具なども扱っていますが、当初はラッピング資材だけだと味気なかったんです。

 ならば、お菓子作りのレシピを掲載するサイトにしてみようということで、サイトの方向性をガラリと変更しました。レシピの提供は、普通に検索して発見したブロガーに依頼しましたね。

松澤:なぜそこで自社でコンテンツを内製せず、ブロガーに依頼を?

佐藤氏当時のオフィスアがコンビニもないような大分県の田舎にありまして。周りにカメラマンもいないし、社内でお菓子作りに精通する者もいませんでした。そこでお菓子作りのトップブロガーに声をかければ、撮影からテキストの作成、レシピの確保、拡散や発信までが一気にできると考えたのです。 

 これを始めたのが2009年。検索して出てきた2人のパティシエブロガーに声をかけてスタートしました。そのときは、特にコンテンツマーケとかインフルエンサーマーケをしようとか、そういう考えではなかったですね。

サイトPVが増加しても、最初は売り上げにつながらなかった

松澤:ブロガーのレシピを掲載することで、単なるECサイトから脱却して、ECサイト兼メディアに変化させたんですね。2人のブロガーがサイトに関わることで、彼らのブログの読者やファンを獲得することができます。コミュニティマーケティングの観点からすると、これはコミュニティ作りの初期「獲得」の段階ですね。

レシピ掲載によりサイトコンテンツのバラエティが豊かに
レシピ掲載によりサイトコンテンツのバラエティが豊かに

佐藤氏弊社のラッピング資材を使ったレシピを、2人に作成してもらいました。レシピの値段もわからなかったので、今考えると相場の3倍くらいを提示していましたね(笑)

 彼らには拡散にも寄与してもらいました。彼らのブログに「cottaで私のレシピ掲載中、詳細はcottaへ」と書いてもらうと、予想以上に流入が増えたんです。ただこの段階では、弊社の商品であるラッピング資材の売上げにはつながりませんでしたでも、まずはこの路線で認知を広めていこうと、考えていましたね。

松澤:なるほど、長期的に考えたんですね!

佐藤氏ええ。低コストでも認知度の向上が叶うので、ブロガーを起用する施策に味をしめまして。その翌年にはさらに10人に声をかけました。初めの2人は自分のお店をもっているプロのパティシエだったので、レシピの値段が高かったんです。

 そこで、次の10人は主婦のお菓子ブロガーに声をかけてみました。これが大当たりで!当時は2010年前後でしたが、まだブロガーが企業と仕事すること自体が珍しかったこともあり、皆さん前向きに仕事を受け、期待以上のことをしてくれるんです。高値で依頼しているわけではなく一般的な適正価格ですが、かなりロイヤリティが良いなと思いました。

松澤:当時は、ブログでお金を稼ぐという考え方があまりなかったですし、彼女たちの認証欲求もうまく掻き立てることができたんでしょうね。この後、誰でもレシピを投稿できるように、またサイトのスタイルが変更されていましたが。これにはどういう意図があったんですか?

レシピの自由投稿機能を追加し、レシピのランキングを公表。ここから一般ユーザーによるレシピの投稿が急増した

佐藤氏レシピの数を増やしたかったというのが大きいです。あと、インフルエンサーがレシピを自由に投稿できる場所が欲しかったこともあります。ブログから発信しても、そのブログ読者のニーズはブログで完結してしまうので、cottaに流入させるのは難しかったんです。

 結果的に、ブロガーさん達がこぞって投稿してレシピの人気を競ってくれるようになりました。運用の手間をかけずに、レシピがどんどん集まるようになったんです

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
特定の業界を獲得したいなら、その業界のドンを捕まえよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
成功事例から学ぶ!コミュニティマーケティングの秘訣連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

松澤 亜美(マツザワ アミ)

 コミュニティマーケティングを専門とするコンサルタント。2014年より、Pinterest Japan3人目の社員としてコミュニティマーケティングマネージャーを務める。その後2016年10月からadidas Japanでブランドマネージャーを務めたあと独立。現在は企業や個人に対し、自走するコミュニティの企画運営、活性化をメインに、コンサルタントとして活動している。 また、2008年に異文化理解コミュニティLunch Tripの共同代表としてコミュニティを立ち上げて以来、国内4拠点や海外、保育園などで活動を拡大し続けている。その他、トラベルブロガーとして世界45カ国以上旅しながら各誌コラムを掲載したり、J-waveでトレンドコーナーを担当したこともある。 配信ブログ:「Ami-Go!旅と食とピクニックと。」 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング