MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSアプリ、最新利用状況/インスタが前年比43%増で1,700万人超え【ニールセン デジタル調査】

2017/10/02 17:10

 ニールセン デジタルが発表した各SNSサービスの利用状況の調査によると、2016年8月から1年でInstagramのユーザーが大幅に増加し、1,700万人を超えていたことがわかった。

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、最新の各SNSサービスの利用状況を発表した。

Instagramユーザーが大幅増

 スマートフォン全体での利用者数は、2017年8月時点で6,414万人となり、前年同月と比較して13%の増加となっていた。各SNSのアプリ利用者数では、Twitterが2,656万人(前年同月比19%増)、Facebookが2,252万人(同7%増)、Instagramで1,706万人(同43%増)という結果になった。

若年層の利用者率高いTwitter、Instagram

 次に、各サービスの利用者属性を見ると、男女構成ではTwitter、Facebookはともに半々となり、Instagramは女性が58%と男性より多いことがわかった。年代別の利用率では、Twitterは29歳以下の68%が利用している状況となり他年代と比較して突出していた。Facebookは、どの年代へも35%前後と平均的にリーチし、Instagramは29歳以下の若年層へのリーチが高く41%となった。

じわじわとリーチ伸ばすInstagram

 最後に、利用者数の増加が最も大きかったInstagramに注目して長期のリーチトレンドを見ると、2015年後半に15%程度だったリーチは、2016年4月に20%を超え、その後しばらく横ばいを続けていた。しかし、2017年に入って再度増加に転じ、8月時点で27%となった。

 また、性年代別で増加率が最も高かったのは、女性50代以上の114%増、次いで男性40代の64%増、男性29歳以下の55%増だった。

【関連記事】
普段TVを見ないPCユーザー、どんなサイトを見ているかが明らかに【ニールセン調査】
ニールセン、デジタル広告視聴率によるTwitter広告の効果測定を日本含む世界23市場で新たに開始
ニールセン、ビデオリサーチとデータベースサービスを開発
レモネード、インスタに特化した「INFLUENCER ONE」登録者のフォロワーが5,000万を突破
インスタグラム ストーリーズ広告がキャンバスフォーマットに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5