SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東南アジアで有力なインフルエンサー抱える「Gushcloud」が日本法人設立 D2Cがパートナーに

 D2Cは、インバウンド向けマーケティング事業のサービス拡充を目的に、東南アジアを中心とした世界8ヵ国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Pte Ltd.(以下、Gushcloud)およびその日本法人である「Gushcloud Japan」(以下、GCJP)と資本業務提携を行った。なお、GCJPは10月3日より営業を開始した。

 シンガポールに本社を置くGushcloudは、主にシンガポールやタイ、インドネシアといった東南アジア圏や米国で多大な知名度と影響力を持つトップインフルエンサー40名(合計フォロワー数1.5億人)のほか、パートナーインフルエンサー12,000名が所属し、その延べフォロワー数は4億人を超える。

 また、Gushcloudでは、社会に影響力の高いトップインフルエンサーを表彰するアジア最大規模のアワード「Influence Asia」も主催している。

 昨今、日本では東南アジア圏の訪日外国人も増えており、日本政府観光局の統計データによれば2016年には主要6ヵ国(シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドネシア)の合計で251万人が来日。これらの国々は人口も多く、高い経済成長が予想されることから、今後もさらなる来日客の増加とインバウンド需要の高まりが期待される。

 既にアジア地域を中心に6つの国と地域で5つのグループ企業や営業拠点を展開するD2Cは、日本企業の東南アジア各国におけるプロモーションを支援するインバウンド向けマーケティング事業のサービス拡充を行うため、今回の提携に至った。

 既存のデジタルマーケティングにおける知見と営業力をかけあわせ、日本企業および日本のプロダクト、地域などのジャパンブランドを海外に認知・展開させるための総合的なサポート体制を強化していく。

【関連記事】
CandeeとHeartFullが業務提携 インスタグラマーと企業を繋げるプラットフォームを提供
レモネード、インスタに特化した「INFLUENCER ONE」登録者のフォロワーが5,000万を突破
THECOO、宝島社と提携 雑誌の公式Instagram×マイクロインフルエンサーでタイアップ投稿
タグピク、メイドバイラル社と提携~約5億のInstagramユーザーへリーチ可能に
UUUM、ベトナム・タイにて動画コンテンツの海外配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/04 11:30 https://markezine.jp/article/detail/27194

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング