SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、DMP「AudienceOne」が保有するオーディエンスデータを企業データベースに提供へ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、同社のDMP「AudienceOne」で保有するオーディエンスデータをクライアント企業の企業データベースなどへ提供するサービス「AudienceOne Discovery」の提供を開始した。

 「AudienceOne」は、4.8億のユニークブラウザーと9,000万のモバイル広告IDデータを保有するDMP。興味関心などのオンラインデータに加えて、購買データや郵便番号データなどのオフラインデータとも連携している。またクロスデバイス推計が可能なため、データを柔軟にカスタマイズすることも可能だ。これにより、多種多様なセグメントを実現できることから、新たな広告商品の開発などに活用されている。

「AudienceOne®」で連携している主な企業(2017年11月)

「AudienceOne」が連携している主な企業(2017年11月時点)

 今回同社がリリースした「AudienceOne Discovery」では、「AudienceOne」が保有する3rd partyデータをクライアントの1st partyデータに紐付ける形でデータを提供する。同社は「AudienceOne」を企業外部のプラットフォームやソリューションと連携することで、付加価値の高いデータの提供を実現。今後も連携するプラットフォームをさらに増やし、様々なチャネルへのデータ提供を可能にしていく。

【関連記事】
DAC「AudienceOne」、CAの動画アドネットワーク「LODEO」と連携 ターゲティング拡充
DAC、アドフラウド対策としてSSP「YIELD ONE」利用媒体社への「ads.txt」設定支援へ
博報堂DYMP、博報堂DYデジタル、DACの3社、広告の透明性、品質高めるサービスの提供開始
オムニバス、クレディセゾン保有の実購買データを活用した運用型広告を提供開始
トライベックの「HIRAMEKI」とDMP 「Juicer」 が連携 セグメントメールの配信可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/17 15:00 https://markezine.jp/article/detail/27486

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング