SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発 企業向けスポンサードプランもリリース

 電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly(バタフライ)」を開発した。なお今回の取り組みは、同社で顧客企業のイノベーション創出を支援する専門組織「電通ビジネスデザインスクエア」が電通若者研究部(以下、電通ワカモン)と共同で行うものだ。

 「βutterfly」は、電通ワカモンがこれまで実行してきた学生との協働プロジェクトを統合し、企業向けに整備した産学連携型プロジェクト。企業は同プロジェクトに協賛すると「公式サポーター」として、メンバー大学生に対するグループインタビューや共同プロジェクト運営などを実施することが可能に。若者の視点・発想・個性を活かし、新規サービスやプロダクト、組織、広告表現など様々な領域でコラボレーションすることができる。

 また現在同プロジェクトでは、9つの学生チームが外部企業や団体と連携しながらイベント企画、Webメディア開発、トレンドリサーチなどを行っている。

【関連記事】
電通デジタルとISID、 マーケティングシステム領域におけるグループ横断組織を立ち上げ
電通、IAS、Momentumなどと「アドベリフィケーション推進協議会」を設立 研究データを提供
電通デジタル、データロボットとパートナー契約締結 AI活用したマーケソリューションを提供
博報堂、親日・知日外国人を起用したインバウンド戦略立案、商品開発支援サービスの提供を開始
慶応大学SFCが25周年、サイトでさまざまな企画を展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/17 14:45 https://markezine.jp/article/detail/27491

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング