SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Alexa for Businessが発表 職場でAlexaデバイスを使い業務効率化が可能に

 Amazon Web Services, Inc.(以下、AWS)は会議室やオフィス、オフィス周辺などの職場環境で、身の回りにあるテクノロジーの操作を簡単に行うことができるインテリジェントな音声アシスタントを従業員に提供する新しいAWSサービス、Alexa for Businessを発表した。

 Alexa for Businessにより、電話会議の開始や会議室の備品の管理、会議のスケジューリング、業務の経過を記録することや、消耗品の再発注といった、様々な業務を自動化できる。

 Microsoft Office 365、Microsoft Exchange、Google G Suiteと連携するほか、Salesforce、Concur、Polycomといった企業が提供するサービスとの統合をサポートし、これらを使用することで、オフィスですでに使用しているアプリケーションやデバイスにAlexa for Businessの機能を拡張することができる。

 現在Alexa向けに提供されている数万の公開スキルを活用できる他、Alexa Skills KitやAlexa for Business APIを使用して、自社の従業員向けに新しいプライベートスキルを開発できる。

 Alexa for Businessには、Alexaデバイスのセットアップや管理、ユーザー登録、スキルの割り当てなどを大規模に実行できるツールが含まれ、音声で業務を行えるようになっている。

【関連記事】
AbemaTV、「Amazon Alexa」対応へ 番組情報を音声で確認可能に
WHITE、AIスピーカー対応のUX組織新設 AlexaやGoogle Home向けアプリをリリース
「Alexa」と「Amazon Echo」がついに日本上陸!年内にも販売を開始
Adobe Analytics Cloud、音声分析機能を追加
CA、業界特化型の動画広告フォーマット「AVA Style」を日用品メーカー向けに提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング