SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、携帯キャリア事業に新規参入

 楽天は、12月14日の取締役会において、携帯キャリアへの新規事業参入を決定した。

 同社は、第4世代携帯電話システム(4G)用周波数における総務省の割当受付開始後に、その申請を行う。同省から申請が受理された場合、同社グループは、移動体通信事業(以下、MNO市場)を新たに開始することになる。

 「楽天市場」の取扱高は、モバイル端末経由が6割超を占めており、同社サービスにおけるモバイル経由の取扱高は増加傾向にある。これを受けて同社は、今後のサービス拡充および新規展開を考える上で、モバイル端末はユーザーとの重要なタッチポイントであると考え、今回の取り組みに至った。

 仮に同社グループが上記周波数の割当を受けた場合、現在のMNO市場を競争的にすることで、その効率性を高め、利用しやすい携帯電話料金の実現を目指す。また、同社の顧客基盤や「楽天スーパーポイント」、「楽天モバイル」を展開するMVNO事業(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業)で培ったモバイル通信事業のノウハウを組み合わせることで、ECやストリーミングサービス、動画広告などのリッチコンテンツに加え、新たな決済手段などを提供していく。

【関連記事】
楽天データマーケティング、ブランドサイトを「楽天市場」に設置できる広告商品を本格提供へ
JAL、日本経済新聞、楽天などが登壇 トライベックグループが無料カンファレンス開催
楽天と講談社がスマホ向けの無料ファッションマガジン『BeViVi』を創刊
10代女子、約半数が初めての携帯「スマホ」と回答【GMOメディア調査】
2年間で最大34,400マイルが貯まるスマートフォン、「ANA Phone」登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/15 17:00 https://markezine.jp/article/detail/27651

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング