MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタル広告のキソ 「広告配信設計」と「タグ実装・パラメーター設計」

2017/12/28 08:00

 企業でマーケティングや販促を担当している方を対象に、デジタル広告とうまくつき合うために必要な基本スキル8つに分けて連載形式で解説します。第6回は、「ターゲティングの全体像と広告配信設計」「タグの一括管理と施策連携、URLパラメーター設計」についてです。

ターゲティングの全体像と広告配信設計

 前回記事では、顧客行動の違いと広告手法の違いについて解説しました。広告の実施目的と広告媒体の特性を理解した上で生活者(顧客)にどのようなメッセージを届けるべきか。具体的に、マーケティング施策のアクションに結びつきそうなユーザーのセグメント条件を抽出し、顧客となるターゲットを明確にすることが必要です。

 今回は、前回までの内容を踏まえてターゲティングの全体像を理解するため「セグメント条件の抽出」「ターゲティング設定と広告配信設計の詳細」「広告品質に関わる問題とリスク対策」「ターゲティング設定後の基本運用とチューニング」という4つのポイントについて解説します。

セグメント条件の抽出

 自社の商品やサービスに関して、費用対効果の高く顧客対象となるユーザーを絞り込みするには、データを基にグループ分けしセグメント条件を抽出する方法があります。

 データとは「性別」「年齢」「職業」などのデモグラフィックなデータ、ユーザーの「興味関心」などのサイコグラフィックなデータ、実際にユーザーが訪問した「サイト内のページ階層」や「来訪期間」「来訪頻度」などを指します。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5