MarkeZine(マーケジン)

記事種別

成果指標に基づいた柔軟な広告配信を実現!アイモバイル、「ROAS 最適化機能」をアップデート

2017/12/25 14:30

 アイモバイルは、同社が提供するスマートフォン・PCのアドネットワークサービス「i-mobile」において、広告の自動最適化機能「ROAS 最適化機能」のアップデートを実施した。

 同社は、AIを活用した入札金額の動的最適化に取り組んでいる。2017年10月に同社がリリースした「ROAS 最適化機能」は、コンバージョンに加え商品購入やアプリ内課金などの売り上げにおける広告費用対効果に対する自動運用を実現するものだ。

 今回のアップデートでは、配信先のARPU(Average Revenue Per User)と獲得件数を基にした自動最適化の入札ロジックの選択が可能に。これにより、広告主の成果指標に基づいた柔軟な広告配信を実現することができる。

【関連記事】
アイモバイルの動画広告「maio」、イスラエルの「ironSource」と連携 アプリの収益性向上へ
アイモバイル、「ROAS最適化」機能の提供を開始 機械学習を活用
adjust、アドフラウドに対峙する不正防止連合結成 Dynalyst、アイモバイル、nendが参加
データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」、 広告媒体に合わせた自動最適化が可能に
ピザハット、「Sprocket」の新機能導入 自社データとサイト内行動もとにWeb接客を自動最適化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5