MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CAMPFIREの家入氏と幻冬舎の見城氏ら、新しい出版モデル目指す共同出資会社設立 仮想通貨型も検討

2017/12/27 11:25

 CAMPFIREと幻冬舎は、クラウドパブリッシング事業を行う共同出資会社、株式会社エクソダス(英語表記 EXODUS, Inc.)を2018年1月末に設立することで合意した。

 出版社の幻冬舎と、クラウドファンディングプラットフォームを運営するCAMPFIREが協業することで、新しい出版のモデルの確立を目指す狙い。

 エクソダスでは「クラウドパブリッシングプログラム」という、オープンな出版を目指すプラットフォームを構築予定。「一般のユーザーから、フリーライターなどの個人事業主、さらに出版社や編集プロダクションなどの出版を営む企業まで、あらゆる人々にご利用いただける新時代の出版プラットフォームを提供」するとしている。

 持ち込まれた出版アイデアをもとにCAMPFIREがこれまでに培ってきたクラウドファンディングのノウハウを使い、さらにそこに幻冬舎の企画力や編集力、宣伝力を掛け合わせることで新しい出版のモデルを構築したいと両社は語っている。

 また、出版に留まらず、映像や音楽といった他メディアとのシナジーも踏まえ、 より作品が多くの読者のもとに届くよう、様々なアプローチでバックアップするとともに、 書籍出版の利益を支援者や制作関係者に還元する 「利益還元型出版」や、 仮想通貨におけるトークンを発行する「トークン発行型出版」なども検討していくという。

設立する共同出資会社の概要(予定)

  • 名称 株式会社エクソダス(英語表記 EXODUS, Inc.)
  • 所在地 東京都渋谷区
  • 設立メンバー
    ・取締役会長 見城徹(幻冬舎)
    ・代表取締役社長 家入一真(CAMPFIRE)
    ・取締役 岡田一男(CAMPFIRE)
    ・取締役 中島真
    ・取締役 設楽悠介(幻冬舎)
    ・取締役 箕輪厚介(幻冬舎)
  • 主な事業内容 クラウドパブリッシング・プラットフォームの提供
  • 出資比率 幻冬舎:50% CAMPFIRE:50%

【関連記事】
FinTechベンチャーのTranzax、電通および幻冬舎グループ3社と提携 マーケティング強化へ
幻冬舎、インスタグラマーを活用した書籍発行メニューを提供
サイバーエージェント、「美的」「SPUR」「MAQUIA」「GINGER」 と共同で広告商品を開発
幻冬舎運営メディア「幻冬舎plus」、Flipdesk導入で会員登録率180%改善を実現
幻冬舎、WEBマガジンと電子書籍購入サイトを融合した『幻冬舎plus』スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5