SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、米国「ハローワールド」の株式過半を取得 生活者のロイヤルティ向上に強み

 電通は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」を通じて、米国のデジタルマーケティング会社「HelloWorld, Inc.」(以下、ハローワールド)の株式過半を取得することにつき同社株主と合意した。

 ハローワールドは、データを活用したオムニチャネルでのカスタマーエンゲージメントに特化したデジタルマーケティングサービスに強みを持つ。具体的には、ブランド価値向上施策、会員プログラム開発、SMS活用、データ分析などを通じて生活者のロイヤルティ向上を支援する。

 1999年の設立以来、飲料、化粧品・トイレタリーなどの大手有力企業を顧客とし、高い評価を得て成長してきた。現在はデジタル領域の専門家を中心に約370名の従業員を抱え、本拠地のデトロイトの他、シアトル、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどに営業拠点を展開している。

 電通は、ハローワールドの株式取得後、同事業ブランドを「HelloWorld, a Merkle Company」(ハローワールド・ア・マークル・カンパニー)に改称。2016年に買収した米国のデータマーケティング会社「Merkle」(マークル)と知見・ノウハウを融合させていく。

 これにより、電通グループのグローバルネットワーク・ブランドの一つである「Merkle」の競争力を強化するとともに、より多くの顧客に、より競争力の高いソリューションを提供することが可能になる。

【関連記事】
電通、「KPI運用型TVCMプランナー」の提供開始 個人視聴の推定でTVCMとデジタル広告の効果向上
企業のデジタル変革、68%が重要と認識/約半数は未着手【電通デジタル調査】
電通とNTT東日本、AI翻訳を活用した外国語SNS分析による訪日外国人向けマーケティングの実施へ
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」活用した新サービスの提供開始 顧客接点データを活用
2018年1月、電通総研が新しいミッションのもと船出~15名を電通総研フェローに選任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/09 11:30 https://markezine.jp/article/detail/27724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング