SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、旅行業界向け広告商品を拡充 旅行先の検討フェーズでリーチ

 米Facebookは3月6日(米国時間)、旅行業界向け広告プロダクトの拡充を発表した。このアップデートにより、旅行業界の広告主は、利用者が旅行先を検討している段階でリーチすることが可能になる。

 同社とマーケティング調査会社GfKが共同で実施した、モバイル検索とアプリ使用行動の調査によると、50%の人々は旅行先の情報収集や旅行計画を行う際、最初にモバイルで検索していることがわかった。実際に、ミレニアル世代の68%がFacebook上で、60%がInstagram上で最近行った旅行のアイデアを得たとの結果も出ている。

 このような背景から、旅行業界の広告主がFacebookやInstagram上ですでに次の旅行のインスピレーションを得た利用者へ、より効果的にアプローチできる広告プロダクトの開発に至った。

 これまで広告主は旅行業界向けダイナミック広告を通して、旅行に興味を示した人々に最も関連性の高い広告を表示してきた。今回のアップデートでは、旅行の目的地を検討している利用者に、人気のある目的地やプランを表示することで、旅の予約を促す。

 また、広告主は利用者に合ったクリエイティブの選択ができ、カタログがなくても簡単に、適切なクリエイティブで伝えたいメッセージを、Facebookだけでなく、Instagram、Audience Networkをまたいで配信できる。

 これにより、旅行したい意向があるが、まだ特定の旅行先を選択していない人々へのリーチを実現し、旅行者の計画プロセスの最初の段階からアプローチすることを可能にした。

【関連記事】
Facebook、バイナリーオプションやICO、暗号通貨の広告を禁止 Instagramも対象
分散型メディア、SNSでの発信力が大きいのは?第1位は「C Channel」
Facebook、中小企業のグローバル展開支援強化 複数国での類似オーディエンスターゲティングなど
知識共有プラットフォーム「Quora(クォーラ)」、日本語でのサービスを開始
パーソナライズド動画サービス「personalize me」、Facebook広告と連携 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング