SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

21世紀のテルミン? ヤマハの新しい電子楽器「TENORI-ON」

 メディアアーティストの岩井俊雄氏とヤマハとのコラボレーションによって制作された21世紀の音楽インターフェース「TENORI-ON」は、16×16個のLEDボタンを使って視覚的・直感的に作曲/演奏が可能で、MIDIやサンプリング音による拡張性も備えているという。ヤマハは、2月19日に、この新しい電子楽器の日本語の公式ページを公開した。

公開されたばかりの「TENORI-ON」日本語版公式ページ

 英語版の公式ページはすでに2007年に公開されており、海外のミュージシャンたちが操作している動画や、実際に「TENORI-ON」で作成した作品の音声ファイルが公開されている。日本語版の公式ページでもこれらの動画を視聴できるほか、操作ビデオや開発者の岩井氏のメッセージなどを視聴することができる。また、YouTubeでも数多くの動画が公開されており、デモ演奏の動画は68万回も再生されている。

YouTubeでも数々の動画が公開され、そのサウンドを体験することができる。

 現在、日本での発売は未定となっているが、4月25日に東京・青山のスパイラル・ホールにて「TENORI-ON」の発表イベントを開催。当日は、岩井俊雄氏はもちろん、ジム・オルーク、アトム・ハートなど、現代を代表する注目アーティストが登場して、この新しい楽器の紹介を行う。

【関連リンク】
東大、坂本龍一氏の対話型講義をポッドキャスト配信
携帯音楽プレイヤー利用者、4人に1人は「耳が痛くなったことがある」
2007年のデジタル音楽セールス、宇多田ヒカルがアヴリル・ラヴィーンに次いで世界2位
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー

「TENORI-ON」公式ページ(日本語)
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/27 10:00 https://markezine.jp/article/detail/2803

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング