SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ダイナミック広告の効果測定を自動化!「アドエビス」とデータフィード最適化ツールが連携

 ビカムは、同社が提供するデータフィード最適化ツール「Become Feed Platform(以下、BFP)」において、ロックオンが提供するマーケティングプラットフォーム「アドエビス」との連携を開始した。

 Web上でユーザーの再訪問を促し、高い受注効率を発揮するCriteoやGoogle動的リマーケティングを初めとするダイナミック広告では、商品単位でのURLの登録が必要である。そのため、効果測定をする際、計測用URLの生成作業に大きな工数がかかり、商品単位での細かな効果計測が困難となっていた。

 今回の連携により、BFPでダイナミック広告の配信に必要な最適化されたデータフィード生成を行い、アドエビスで広告配信後の商品単位での効果計測をすることが可能に。柔軟かつスピーディーにデータフィードの最適化、広告配信効果の改善をすることができる。

 ダイナミック広告を商品単位で計測することで、より細かな単位での広告評価、分析が可能になるため、ランディングページの見直しや各商品クリエイティブの評価、トレンドに応じた広告配信も即座に反映可能になる。

 また、広告主がデータフィードを自前で用意できなくても、BFPが自動で最適化されたデータフィードを生成し、アドエビス用計測URLへ変換。BFPがアドエビスとのAPI連携を行うことで、ダイナミック広告の計測URLの設定作業は自動化され、作業工数を大幅に削減することができる。

 これにより、ダイナミック広告でのリダイレクト計測が可能になり、各広告メディアへのデータフィード連携までを一貫して行うことができるため、広告主は手軽にダイナミック広告の出稿からアドエビスでの広告効果測定までを実現できる。

【関連記事】
アドエビス、デモグラ情報の判定精度を約1.5倍に 
「アドエビス」と「エキサイトブログ」が連携を開始 ターゲットの興味関心を可視化
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用
アドエビス、計測データを外部システムと連携可能にする「AD EBiS シングルソースAPI」を公開
アドエビス、Yahoo!プロモーション広告との自動連携を強化 YDNにも対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/13 13:00 https://markezine.jp/article/detail/28058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング