SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DY、Kepler社の株式を取得 世界一級のマーケティングサービス企業を目指す

 博報堂DYホールディングスの戦略事業組織 「kyu」 は、米国ニューヨークに本社をおくデジタルマーケティングエージェンシーKepler Group LLC社 (以下、Kepler)に対して出資を行い、過半数以上の株式を取得した。

 Keplerは、ビッグデータと独自のデータプラットフォームを活用し、デジタルマーケティング戦略立案からメディアバイイングまでをワンストップで提供するデジタルマーケティングエージェンシーである。マーケティング成果の最適化を複数のプラットフォームやチャネルで実現するために、独自のプラットフォームで様々なデータ (顧客データ、キャンペーンデータ、マーケットデータ、CRMデータ等)を統合・カスタマイズ化し、キャンペーン展開の自動化、効率化を可能としている。2012年設立以降、ニューヨーク本社の他、フィラデルフィア、シカゴ、サンフランシスコと拠点を展開している。

 博報堂DYホールディングスは、「専門マーケティングサービス企業」をグループ内に取り込むことで、デジタル化やグローバル化の進展に伴い高度化・複雑化しているマーケティング活動への対応を図っており、今回のKeplerの株式取得も、その一環として行うものである。

【Keplerの概要】
社名:Kepler Group LLC
本社所在地:アメリカ・ニューヨーク
オフィス所 在 地:フィラデルフィア、シカゴ、サンフランシスコ
創業:2012年
従業員数:約170名
事業内容:統合デジタルマーケティングサービスを提供
主な得意先企業:金融、サービス、小売り、
        ヘルスケアを中心にFortune500のリストに掲載されている企業

【関連記事】
博報堂DYHDの戦略事業組織「kyu」、デザインコンサルティング行う「IDEO」を傘下に
博報堂DYホールディングス、カナダのクリエイティブエージェンシー「シドリー社」を買収
博報堂DYホールディングス、 ウイングアークとマーケティング・ソリューション開発で業務提携
博報堂DY、戦略事業組織「kyu」組成、米2社を買収
博報堂DY、ブランドの「選択候補」「推奨意向」等と販売との関係性を把握できるサービス提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/09 07:00 https://markezine.jp/article/detail/28199

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング