MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ウネリーとアドウェイズが業務提携 ビーコン情報を活用したアプリサービスを提供

2018/04/18 09:00

 オフライン行動のデータプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するウネリーは、アフィリエイトサービスを行っているアドウェイズと資本業務提携を締結した。

 ウネリーの「Beacon Bank」には、約56万個(2018年3月現在)のビーコンが登録されており、アプリ事業者は自社拠点以外のスポットでユーザーとの接点を持つことができる。また、接点となる場所ごとに最適なコンテンツ等の配信を行うことも可能。

 アドウェイズは、国内最大級のアフィリエイトサービス「Smart-C」を始めとした各種スマートフォンアプリ向けの「広告配信サービス」や、全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」などを行っている。

 今回の提携により、オフライン行動データの広告への活用検討を進め、位置情報やオフライン行動データを活用した新たなサービスの提供や、広告運営・効果測定などのスマートフォンアプリ向けサービスの発展に取り組んでいく。

【関連記事】
電通、ビーコンネットワーク運営のunerryと提携 位置情報マーケティングを強化
unerryと東京海上日動火災保険が共同でアプリを開発 ビーコン情報を活用して地域活性化を支援
LINEマンガ、トーハンと共同でビーコンを使ったキャンペーンを実施 全国600店舗の書店対象に
アドウェイズ、独自の配信ロジックシステムを開発 ターゲティングを自動で拡張
アドウェイズ、ニュースアプリ「ハッカドール」広告商品の独占代理店に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5