SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

技研商事インターナショナル、ネットブラウザでの商圏分析が可能な地図情報システムの提供を開始

 技研商事インターナショナルは、ネットブラウザでの商圏分析が可能なGIS(地図情報システム)「GeOweb(ジオウェブ)」の提供を開始した。

サービスイメージ
サービスイメージ

 同サービスでは、出店候補地の地図上への登録から、来店手段などによる商圏の設定、商圏内の人口や世帯などのデータ取得、表やグラフでのデータの表現までを、ネットブラウザで実施することができる。現地での立地調査時にタイムリーに商圏特性を把握し、調査内容や物件に関する各種ドキュメントをクラウド上で一元管理・共有することが可能だ。

 具体的には、出店候補地を地図に登録し、来店手段などに合わせて設定した商圏内の人口や世帯から商圏ポテンシャルを可視化。また、チェーン店データを活用し、競合店舗との位置関係や出退店状況をタイムリーに把握することができる。

【関連記事】
社内外のビッグデータを地図上で可視化!NECネッツエスアイ、地理情報統合表示ソフトウェアの販売を開始
IROYA、凸版印刷と小売向けソリューションで協業 マピオンの地図情報など活用
ヤフーがSBドライブへ出資、自動運転分野に本格参入
「Yahoo!地図」アプリ、昨年の花火大会の混雑状況を視覚化する機能リリース
バイドゥ、京都の公益財団法人と訪日中国観光客向け施策で連携~京都市内の免税店や観光施設に呼び込む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/08 16:00 https://markezine.jp/article/detail/28355

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング