SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ3社、バナーを自動生成するAIツールを開発

 電通、電通デジタル、データアーティストの電通グループ3社は、共同でAIを活用したバナーの自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(アドバンストクリエーティブメーカー)」(β版)を開発した。

 同ツールは、過去に配信されたインターネット広告バナーの表現とクリック率実績を、ディープラーニングを用いて分析することで、パフォーマンスの高いバナーの効率的な生成に寄与する。約5秒間に1枚のバナーを生成することが可能で、短時間に候補となり得るバナーを1,000枚以上生成できる。候補の中から特に優れた10~20案を利用することが想定されている。

【ADVANCED CREATIVE MAKER(β版)の仕組み】
・入力された「キーワード」「訴求軸」といったオリエンテーションに対して、1つ目の予測エンジンが、パフォーマンスが高いと考えられるクリエーティブ要素を割り出す。
・その候補に基づき、自動生成ツールがバナーのデザインを組み上げてく。コピーは、電通オリジナルのAIコピーライター「AICO(アイコ)」が生成する。
・出来上がったクリエーティブを、2つ目の予測エンジンが、より精緻にクリック率をシミュレーションし、効果が高いと予測されるものを残す。最後に人の手で仕上げを行い、完成。

【関連記事】
電通、テレビ・ネットにOOHを統合した広告プランニングと効果検証を可能とするツールを開発
電通アイソバーのCBTOにカンヌライオンズでグランプリ受賞歴のあるエマヌエル氏が就任
電通、ノルウェーのメディアエージェンシー「レッド社」の株式買収で合意
電通、Media 8を買収~ヒスパニック市場・ラテンアメリカ市場における成長戦略を加速
電通、タウンWiFiと資本業務提携 位置情報データに強みを持つパートナーとの提携を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/17 08:30 https://markezine.jp/article/detail/28418

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング